前へ
次へ

レンタル携帯で機械だけをレンタルする

携帯電話会社に行くとガラケーやスマホなどの機械がショールームにあり自由に触れるようになっています。
その中から自分の好きな機械を選びさらにその会社と契約をして利用をすることになります。
基本的には機械だけの販売はしてくれません。
一方で携帯電話のメーカーのホームページを見ると各社がSIMフリーとして機械のみの販売をしています。
こちらを購入するとSIMカードが入っていない状態のスマホなどが手に入ります。
レンタル携帯サービスにおいても機械のみ、機械とSIMカードのセット、そしてSIMカードのみのレンタルが利用できる仕組みがあります。
携帯電話と言えば通話やデータ通信をする必要がありそのためにはSIMカードが必ず必要に感じるでしょう。
しかし実際は機械だけでも使えないわけではありません。
レンタル携帯において機械だけをレンタルすることでどんなことができるのかを知っておくといろいろな場面で活用できるでしょう。
スマホの電源を入れるとSIMカードの認識をしますが、SIMカードが入っていなければもちろん行われません。
でもこの状態でもデータ通信などができます。
それはWi-Fi接続をする方法で、自宅の無線LANに接続したり公衆無線LANなどに接続すればデータ通信ができます。
レンタル携帯の設定からWi-Fi接続を選べばそれ以後Wi-Fi環境があるのであればデータ通信が行えます。
SNSの通話サービスはデータ通信で行えるので、SNSでつながっている相手なら通話もできます。
レンタル携帯を利用してスマホ決済ができるかですがこちらもお店によっては可能でしょう。
多くのコンビニには無料のWi-Fi環境があるのでレンタル携帯にスマホ決済のアプリをインストールしておけば支払いが可能です。
レンタル携帯でSIMカード入りの契約をすると通話や通信に関する費用がかかり時には1日でも数千円かかるときもあります。
でもSIMカードなしなら機械のみのレンタル代になるので安いところなら1日数百円から使うことができます。

Page Top